様々なコミュニケーションについてまとめていきます。

コミュニケーションまとめ

仕事関係

テレアポのコツ!“ダメ営業”から学ぶ【4つ】のやってはいけないこと!

テレアポ 営業 コツ ダメ
テレアポ営業って難しいですよね。

私はテレアポをする側ではなくされる側ですけれども、
その大変さ、難しさはよく分かります。

電話だけで言葉巧みに購入誘導、
アポイントゲットまで運ばねばならないのは至難の業ですよね。

今回はそんな至難の業であるテレアポのコツを、
『下手くそな営業を反面教師として』考えて行こうかと思います。

ということで、
テレアポのコツ!“ダメ営業”から学ぶ【4つ】のやってはいけないこと!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

言葉遣いに気を付けよう

品位の低いテレアポですと非常に高確率で使ってくるワードがございます。

それは・・・・「お世話になります!!」

開口一番ですね。
「○○会社の××です、お世話になります!」

いやいやいや、おかしいでしょ?
私の方は『○○会社の××さん』って方の世話した覚えはないんですが。

普通、初対面(電話越しですが)のあいさつと言えば、
「初めまして」が一般常識でしょう。

「お世話になります」は初対面の方に対してはマナー違反以外の何物でもありません。
既知の間柄で取引なども交わしている関係で使うあいさつです。

程度の低いテレアポ営業ほど、こういった言葉遣いをしますね。

初の業者に言われた場合の私の対応は、
「はぁ、で?」ですよ。

のっけからトーンダウンです。
購入意欲がガッツリダウンです。

電話で最初の入りとしては、
「○○会社の××と申します。初めまして」
この入りが正解でしょう。

 

スポンサーリンク

 

用件を言おう!

これもやはりよくあるテレアポなのですが・・・

あいさつもそこそこに、

「代表様でございますか?」
「代表様はいらっしゃいますか?」

と入ってくるヤツ。

電話の際の一般常識とビジネスマナーとしては『用件を先に言うこと』

これが本当に出来ていない人が多いです。

「電話番の方に話してもしょうがない」
とでも思うのでしょうか。

まずは、
広告媒体についてなら、
広告媒体についての、
事務機器についてなら、
事務機器についての、
【何の用件である】ということを先に伝えましょう。

お互いの時間損失になってしまいます。

「○○の××と申しますが、広告についてのご担当者様はいらっしゃいますか?」
こうでしょう。

「代表者様はお手すきですか?」
「いや、なんの用です?」
「これこれ、この要件についてお話ししたいのですが~」

ワンクッション置くので時間の無駄になってしまいます。

 

ダメ営業ほど同じことを繰り返す

『物事を相手に伝える』
ということは非常に難しいことです。

あまつさえ、
それが初対面の電話だけでのこととなれば尚更です。

そんな時に便利なのが、
『言い換え表現』や『比喩表現』などです。

まさに先ほどあったテレアポの話です。

Googleのビッグデータを活用した全く新しいサービスです!!!」

はぁ、全然伝わってこないww

えーっとHPにアクセスを集めるってことなのか、
ビッグデータとして顧客データを得られるってことなのか、
全然要領を得ない話でした。

なにか質問したり、突っ込んでみても、
「Googleのビッグデータを~」
いや、はぁ、だからそれをどう活かすんだ・・・・

何点もツッコミを入れていく内に、
全容がつかめかけてきました。

どうやら、
Googleの検索データを元に、
ユーザーの年代や地域・性別などを対象とした、
広告を掲出するサービスらしいです。

・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

えーっと、
それってGoogleアドワーズと何が違うのかな?????
どこが新しいサービスなのか?
サービス名こそ違うけれども、
やっていることは全く一緒?

まったくもって魅力を感じませんでしたので、
すぐにお断りいたしました。

今回のケースで考えると、
【Googleアドワーズと似ている点】から、
なにかこの営業会社独自のメリットなどをプレゼンすべきでした。

独りよがりで、
同じ重要ワードのみを並べてまくしたてても、
『電話先の顧客には一切響くことはありません』

アポイントは取るな

これもダメ営業に共通する話なのですが、
あいさつもそこそこに、

「資料を持ってお伺いいたしますので」
「来週、そちら近辺を回っていますので」

すぐ訪問営業に移ろうとする点です。
もちろんアポを取れたら取れたに越したことはありませんが、
向こうのスケジュールを省みず「急に訪問させろ」って乱暴すぎです。

フットワークが軽いのは良いことですが、
商品の魅力を電話でうまくプレゼンすることが出来れば、
顧客の方から自然に、

「で、いつ来れる?」
「詳しい説明が聴きたい」

必ずこうなるハズです。

開口一番アポイントを取ろうとするのは絶対にやめましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ダメ営業は共通して、
『一般常識と社会モラルに欠けている』と言えます。

押し売りでモノが売れる能力がある方はそれでも良いですが、
私は押し売りには絶対に屈しません。

顧客が喜ぶ商品のプレゼンを行い、
先々商品を使って感謝されれば、
それ即ち良い営業と言えることでしょう。

目先の歩合につられて顧客を考えない営業は、
ダメ営業であり成績も伸び悩んでしまうことは間違いありません。

仮に一時的に成績が良かったとしても、
必ずどこかにシワ寄せがいくものです。

それが会社の経営に対してなのか、
営業個人に対するシワ寄せなのかは分かりませんが。

-仕事関係
-, , ,

Copyright© コミュニケーションまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.