リンク

スポンサーリンク




仕事関係

働く意味について考える『労働は人間に必要なのか?』

投稿日:

働く意味

毎日毎日、
社会人ですと、
労働が疲れますよね~。

そんな時には、
ふと働く目的について考えてしまう時がありませんか?

就職時の面接や、ES(エントリーシート)などでは、
鉄板ネタの項目ですが、
そういった模範解答などではなく、
実際における働く意味とは一体どういったモノなのでしょうか。

ということで、
働く意味について考える『労働は人間に必要なのか?』
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

働く意味と理由

なぜ人は働かねばならないのでしょうか。

それこそ、
エントリーシートなどに記入するであろう模範解答は、
「世の為、人の為、そして自分の為!」
なーんて、
くっさいセリフが聞こえてきそうですがwww

確かに、
そのあたりの理由ももっともな理由です。

しかし、
大多数の方の第一義は異なります。

働く意味の第一義は【金の為】です。
要は食っていく為に必要なことであるからですね。

働かなければ、
収入を得られませんし、
家族を養うことも出来ません。

世の多くの人が働く理由はコレがほとんどでしょう。

 

働く意味の裏側

先に『収入の為に働く』と書きましたが、
もちろん、
【世の為、人の為に働く】
ということも挙げることが出来ます。

というか、
これは『鶏が先か卵が先か』といった問題です。

世の為にも人の為にもならない仕事は仕事とは呼べません。

だって役に立たない仕事であれば、
誰もそこに報酬を支払いませんから。

それは“働くこと”とか“労働”とは呼ぶことが出来ませんね。

ですから、
結局のところ、
【金の為に働く】も、
【世の為、人の為に働く】も、
働く理由としては、
同義であると言えます。

そこのところの本質は同じなのですね。

 

スポンサーリンク

 

働く目的【自分の為】

これはまた働く意味としては、
別視点からの見方ですが、
『自分の為に働く』
これも働く上で大事なひとつの理由になります。

人間、働かないでいると、
ろくな考えを起こしません。

ちょっと偏見も入ってしまいますが、
事件を起こす人間の多くは、
“住所不定無職”です。

そこに勤労意欲があった上で働き口がなかったのか、
勤労意欲もなく働いていなかったのか、
これの違いによっても、
見方は異なっては来ますが、
どのみち何かに打ち込んでいない人間と言うのは、
精神的に脆くなりがちなのです。

人に無駄に時間を与えてしまうと、
考えがおかしな方向に及んでしまうのですね。

ニートがみな犯罪予備軍とは言いませんが、
健全性は普通の社会人より遥かに劣ると言えます。

 

また、
『自分の為に働く』
ということの中には、
名誉欲や自己顕示欲、
そして、
【自分のしたいことを仕事にしている人】
なども含まれます。

大いに遊んで暮らせるであろう、
人気ミュージシャンや人気漫画家、
そして大御所の政治家などなど。

【自分が本気で取り組みたい!】と考えている人間は、
収入や報酬以上に、
その【仕事に対して働く意味】を見出しているということです。

 

もちろん、
働かねば食っていけない、という方々であっても、
仕事に対してやりがいだとかは持っていることでしょうけれど、
「もう働かなくてもいいんだよ」
と一生遊べる大金を渡されても、
同じ仕事をし続けていられる人って、
かなり稀有なんじゃないかな、と思ってしまいますよね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

働く意味は、
人それぞれ異なれど、
その本質は、
【金の為】=【世の為、人の為】である、
ということでした。

これが資本主義社会では普遍的な本質ですね。
(社会主義とか軍事独裁国家や宗教団体ではまた異なって来そうですが・・・)

関連記事&スポンサーリンク

-仕事関係
-

Copyright© 仕事や生活に役立つコミュニケーション能力・方法まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.