リンク

スポンサーリンク




仕事関係

【ウザイ営業】Googleビッグデータ活用サービスの中身を解説!!

投稿日:

営業 Googleビッグデータ

最近、よくある営業で、
『Googleのビッグデータを活用しての画期的な集客システム』
なーんて謳い文句を良く受けます。

営業電話だと、
細かく言わないで、
アポばっかり取ろうとするので、
門前払いばかりしていたのですが、
(電話で門前払いとはこれ如何に・・・w)
今回の電話では内容を教えてくれたので解説したいと思います。

ということで、
【ウザイ営業】Googleビッグデータ活用サービスの中身を解説!!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

グーグルのビッグデータとは

営業の謳い文句が、
「Googleのビッグデータを活用します!」

・・・抽象的ですね。

はい、これの意味するところは、
Googleがユーザーアカウントごとの、

  • 年齢
  • 性別
  • 興味関心
  • 履歴
  • 地域

などをすべて把握していることを意味します。

これらのデータを活用した集客サービス、
ということですね。

 

いっつも思うんですけど、
コレって【Googleアドワーズ】や【リスティング広告】と仕組みが、
まるっきり一緒だと思うんですよね。

Googleアドワーズとは、
広告がマッチする内容のページに表示される広告のことです。

例えば、
グルメサイトにレストランの広告が表示されたり、
スポーツ情報について発信しているサイトにスポーツ用品ショップの広告が出たり。

 

対して【リスティング広告】とは、
『検索ワード』に応じて広告を表示するシステムです。

「お墓が欲しいな~値段はいくらかな~」という時は、
「お墓 値段」などと検索しますよね。

そんな時に検索上部や横側に表示されている広告のことを、
【リスティング広告】と言います。

※厳密に言えば、
Googleアドワーズの設定の種類によって、
リスティング広告も内包しているんですけどね。
分かり易くする為に分けました。

※Google以外にもYahoo!などでも同様のサービスが存在しています。

 

で、
「これらのサービスと同じでしょ?」
っていっつも突っ込むんですけど、
「いえ!違います!」
といつも言われるんですよねw

じゃ、一体どうやって、
ビッグデータを活用するのか?
今回のテレアポでは教えてくれました。

 

マサカのビッグデータの活用方法は!

えぇ、順々に問い詰めましたよw

「アドワーズとは違い、もっとマッチしたユーザーに広告を出せます!」
「えーっと、そのマッチしたユーザーに対してどうやってアクションを?メールとか?」
「え、えぇっと、メールではなく、YouTubeで・・・」

なるほど!
YouTube広告か!!

「YouTube広告とはなんぞや?」

と思われる方も多いかと思いますが、
YouTubeを視る時の、
視聴前や視聴後に動画が流れたり、
視聴中などに広告が表示されていることは、
ご存じありませんか?

アレです。

 

昨今、何かと話題になるユーチューバーって居ますよね。

彼らの収入減がまさにソレで、
動画の再生ごとに表示される広告をクリックされることによって、
彼らに収益がいきます。

その広告を出稿する側、ということですね。

 

・・・・てことは、アドワーズと一緒じゃねぇかwwwwww

YouTubeってGoogleが運営していますからね。
その広告形式の違いこそあれ、
それこそビッグデータの活用方法は、
【Googleアドワーズ】と何ら変わりないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

YouTube広告を出すのに広告会社を利用する必要性

ここまでで一つ疑問。

YouTubeで広告を出すのであれば、
【直接出せばいいじゃん】ということ。

なにも手数料を取られながら、
広告会社を利用する必要はありませんよね。

駅やバスなどの広告枠と違って、
Googleの広告であれば、
設定さえすれば、
後は自動的に表示してくれますから。

そこで返ってきた返事は、

「もっとターゲットを絞れます!!」
「動画も作成していきます!」

はい、一個目の回答は【NG】

だって、YouTube広告は、
地域や年齢など、
広告を表示させるターゲット層の設定が可能ですから。

Googleが一番大事にしているのは、
売上の大半を握る【スポンサー(=広告出稿主)】ですからね。

『広告会社を通さないと使えないシステム』
なんてのは配信していません。

 

ということで、
今回の広告会社の主たる仕事は、
『動画作成』ってことですね。

・・・うーん、画期的でもなんでもない。
広告を配信させる場所がアナログからデジタルに変わった、
ということだけですね。

得意な方でしたら、
動画作成だって自前で出来ますからね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

こういう時に思うのは、
「そんなに売上が上がる!って言うなら自社の広告を流せば?」
ってことwww

わざわざテレアポなんかに人件費割いているなら、
自社でYouTube広告出した方が儲かるんじゃないですか?

それをしない訳とは?

推して知るべし。

関連記事&スポンサーリンク

-仕事関係
-,

Copyright© 仕事や生活に役立つコミュニケーション能力・方法まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.