リンク

スポンサーリンク




生活情報

【年収200万円以上でも?】ワーキングプアの意味/原因/対策まとめ

更新日:

ワーキングプア 年収 原因

近頃、社会問題化されている、
『ワーキングプア』

一体何が原因で、
少ない年収に陥ってしまっているのでしょうか。

またワーキングプアと定義される年収額はどの程度になるのか、
確認もしていきたいと思います。

ということで、
【年収200万円以上でも?】ワーキングプアの意味/原因/対策まとめ
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

そもそもワーキングプアの意味とは?

ワーキングプアと定義する条件は、

“就労しているにも関わらず年収200万以下”

・・・とよく言われがちですが、
実は日本においては、
ワーキングプアの定義はしっかりと定まっておりません。

先進各国においては、
『国民貧困線』と呼ばれる、
最低限の生活水準を下回るかどうかのラインが公表されていますが、
日本ではそういった類の基準は公式設定されていません。

ですから、
日本におけるワーキングプアの水準とは、
「正社員、もしくはそれと同等の労働時間にあるにも関わらず生活保護水準にも満たない就労者」
などと解釈されることが多い訳です。

とはいっても、
生活保護水準すら、
地方や家族構成にって異なってきますので、
ワーキングプアの条件はコレ!と定義するのは難しいのです。

生活保護水準と同じ話ですが、
都内の一等地で暮らしている場合と、
地方の田舎で持ち家暮らしをしている場合では、
年収が同じか逆転していても、
前者の方が生活が苦しくなる可能性は高いでしょう。

一概に年収200万以下と定義するのは、
少しナンセンスであるということです。

しかし、
ひとつの目安としては分かり易い数字なので、
これを基にして考える方が多いことも事実です。

年収200万以上はワーキングプアではないのか?

年収250万や年収300万だって場合によっては、
ワーキングプアと言えるでしょう。

働けど働けど昇給がなければ、
(あっても雀の涙のようでは)
将来は悲観的なビジョンしか見えません。
そこに200万も300万も大きな差はないでしょう。

300万円では、
家庭を持つにもキビシイですよね。
専業主婦として妻を養うなどは無理でしょうし、
子供も生まれようものなら、
共働きはせざるを得ないでしょう。

 

ワーキンブプアの原因とは

ワーキングプアに至ってしまう原因とは果たして、
どういう理由なのでしょうか。
考えていきます。

  • 就職活動での失敗
  • リストラ
  • 学歴社会の崩壊
  • 外国人労働者の存在
  • 経済状況

社会問題になりますので、
もちろん、ここに挙げただけが理由ではありません。
しかし、
大きな影響を与えている項目であることも事実でしょう。
順に見ていきます。

就職活動での失敗

これは分かりやすい例ですよね。

高校や大学、専門学校を卒業後、
就職活動を頑張っても、
なかなか上手くいかなかった・・・・

これはよく聴く話です。
就職できなければ、
非正規雇用でもなんでも働くしかありません。

特に資格や専門知識がない場合、
職歴がなく既卒で就職活動となると、
また厳しい現実が待っている訳ですよね。

リストラ

ワーキングプアで悩んでいるのは、
何も若者だけではありません。

同じく社会問題となっている、
【リストラ】

うまく転職先を見つけることが出来た優秀な人材は良いです。

しかし、
50代、60代などで首を切られてしまった場合、
特にスキルも何もなければ、
高給で雇ってくれる企業は少ないことでしょう。

学歴社会の崩壊

就職の項と近しい話が言えますが、
学歴は間違いなく就職先や就職率に影響を及ぼします。

当然低学歴よりも高学歴、
つまりは高卒よりも大卒、大卒よりも院卒の方が、
高給取りとなれる職種の幅が広がります。

しかし、
必ずしも学歴だけではなくなってきた日本社会。

使えない院卒よりも、
たたき上げでキャリアを積んできた高卒の方が、
ビジネススキルとしては、
はるかに上の場合もありますよね。

学歴は往々にして影響はあるが、
反転する場合もあるということです。

外国人労働者の存在

コンビニとか牛丼屋などでは、
身近に外国人労働者の方々を目にすることが出来ます。

普段お目にかかることの出来ない、
工場勤務や港湾勤務などでは、
もっと多くの外国人労働者さん達が働いていることでしょう。

そりゃあ経営者側から考えたら、
同じ仕事をやらせるのであれば、
給料は安い方がコスト削減につながります。

国が低賃金や雇用問題を掲げたところで、
企業は自社の利益をあげねば、
飯が食えないのですから、
出来るだけ人件費は安く済ませようとするのは当たり前です。

しかし物価の違う国から出稼ぎにやってきた彼らには、
例えワーキングプアと呼べるような賃金だとしても、
目のくらむ金額な訳ですね。

経済状況

経済不況は、
徐々に回復しているという見方が強いですが、
その実は貧富の格差拡大に他ならないという見解も多々出ています。

私が思うに、
今の日本経済の仕組みのまま、
経済が上向いたところで、
ワーキングプアの比率は変わらないのではないかと思います。

資本主義の限界ともいえる話です。

「持つものはさらに富み、
持たないものは富めるチャンスを得ることが難しい。」

これは資本主義経済の抜本的なテーマであり、
資本主義を採択している各国の解決すべき問題でありましょう。

 

スポンサーリンク

 

ワーキングプア対策は

非常に難しい話だと思います。

転職できれば幸いですが、
アルバイトしか経験がなく、
特にスキルも資格もなく、
職歴も浅い、
こんな方はあまり雇いたくはありませんよね。

本気で脱しようと思うのであれば、
自らを高める努力は必須でしょう。

資格取得やスキル習得、
アルバイトでも誰でも出来るような簡単な仕事ではなく、
複雑な仕事などにチャレンジしてみるとか、
1年先、3年先、5年先、10年先に、
自身がどうなっていたいのか、
目標やビジョンを明確にして努力することが必要不可欠です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ワーキングプア、
なんとも暗い話ではありますが、
国の政策や自身の環境、
企業に対しての怨嗟を唱えるだけではなく、
自ら環境を破る努力をしていくことこそが、
ワーキングプアを解消する、
一番の方法なのではないかな、と思います。

関連記事&スポンサーリンク

-生活情報
-, ,

Copyright© 仕事や生活に役立つコミュニケーション能力・方法まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.