リンク

スポンサーリンク




生活情報

NHK受信料契約についての個人的見解【罰則のない放送法は時代遅れでは】

更新日:

NHK 受信料 断り方

さぁ心機一転!新生活をスタートだ!!!

・・・っと新たな住まいに移ったら、
やってくるのが地獄の使者NHKの集金人。

紅白大好き!
朝の連続テレビ小説大好き!
教育テレビは子供に欠かせない!!

こんな方は、
速やかに受信料契約をしましょうねw

でも、そうじゃない方も多いですよね。
というよりも、
現代では、そうではない方の方が多いのではないでしょうか?
NHK受信料契約の断り方にはコツがいる?『私が集金人と戦った時の話』

でも、まぁ放送法で定まっていることなので、
テレビを設置したならば、
受信料契約を・・・・

ということで、
NHK受信料契約についての個人的見解【罰則のない放送法は時代遅れでは】
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

NHK受信料契約とは

NHK受信料契約とは一体どういうものなのでしょうか。
確認してみましょう。

NHKの放送を受信できるテレビ(チューナー内蔵パソコン、ワンセグ対応端末などを含みます)を設置された方に、結んでいただくものです。
この放送受信契約に基づき、放送受信料をお支払いいただきます。
ケーブルテレビを通してNHKの放送を受信できる場合も、放送受信契約が必要です。
一方、ラジオだけ設置されている場合、放送受信契約は必要ありません。

引用元:https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/about_1.html

なるほど。
テレビを設置した時点で、
【NHKへの支払い義務が必須】ということですね。

いや、むしろ、
テレビだけではなく、

  • チューナー内蔵のパソコン
  • ワンセグ対応端末

これらの機器を所持しているだけでも、
『NHK加入の義務』が発生するとされています。

マジで?
ウソでしょ?

チューナー内蔵PC&ワンセグ対応端末に対する個人的見解

放送法で定まっている以上、
仕方のない部分ですし、
法令遵守は前提として、
個人的見解を述べたいと思います。

チューナーはまだしも、
【ワンセグ機能でNHK見るかい?】

というよりも、
【ワンセグ機能って普段使いするかい?】

あくまで個人的にですが、
『ワンセグ機能ってまともに動いたことがない』んですよね・・・

機種変などして、
ウキウキしながら携帯をいじくっていると・・・

『ワンセグテレビ』の文字が!

うお、マジか!?最近の携帯はTV見られるの?
(これが十年以上前でしょうか?)

しかし、
いざアプリケーションを開いてみると・・・

どこもかしこも電波が悪い・・・・

現在、私のスマホにもワンセグ機能がある、
というか今調べてみたらあったw
んですが(笑)

やはりというか当たり前というか、
『放送波を受信できません』
で一向に移らないwwwwwwwwwwwww

でも、
これでもですよ、
『NHKの受信料契約はしなければならない』訳です。

コレさ、
ワンセグ対応機器端末って、
スマホのおまけではなく、
ワンセグ対応の小型TVなどが対象に絞った方が適切ですよね。

携帯やスマホでワンセグをまともに見られた試しがないもの。
(ガラケーの方が写りが良かった気が・・・・)

ちなみに、
これらのインターネットやワンセグ対応についての放送法は、
2007年に改正されました。

うーん、なんとも要らんことをしてくれたものですw

やはり個人的見解ですが、
TV離れからくる、
NHKとしての受信料契約における収益減を恐れての改正にしか思えませんね。

 

放送法ではどうなってる?

受信契約の義務

受信契約は、してもしなくてもいいというものではありません。放送法という法律で定められた義務です。

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】

第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

引用元:https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/about_1.html

ううう『法律』って言葉出されると怖いですよね(恐)

引用元のURLを見て頂ければわかるかと思いますが、
この文章はNHKの公式サイトに掲載されております。

恐らくは受信料を払わない方がドンドンと増えているのでしょうね・・・

受信料契約、断ったらどうなる?

実はこの放送法ですが、
【契約の義務】は定義されているものの、
【支払いの義務】は定義されていないという、
なんともお粗末な法律。

さらに言えば、
【罰則の規定】も無い状態です。

であれば、
「払う必要なくね?」
とする、法律に詳しい方が現れるのは明白な事。

あまり法の隙をつくのは感心できませんが、
実際の所、それがまかり通ることも事実。

「TVなんか設置ナイヨー!」
「ワンセグ機器なんかナイヨー!!」

とシラを切れば、
済んでしまうこともまた事実。

んんん、それって問題だらけじゃね?

NHKを上手く断る為にはどうすればよい?

受信料契約について思うこと

これまた私の個人的見解になるのですが・・・
いい加減、この古びた法律は改正すべきではないのか?
と常々思うんですよね・・・

前項に書いた通り、
放送法を破ってはいけないので、
テレビを設置したとかいう場合には、
速やかに契約が必要だと言う事は前提でお話しします。

「なんで見てない番組に金払わなアカンの?」ってこと。

私は、
ほとんどテレビを見ませんし、
見てもバラエティやニュースを少し。
(日に1時間も見ない、というか1分も見ない日も)

だってそうでしょう?
今のご時世ウェブニュースのが速いし、
リアルタイムで状況や情報が更新されます。

番組のしがらみもなければ、
場所も問わずで、
世界中の情報を得ることが可能です。

それに、
動画ニュースを見たい時でも、
わざわざテレビを点けずとも、
ウェブニュースで見ることが出来ますからね。

もちろん、
誰それの芸能人が、
どこそこのテレビ局に何時から出るから見たい!
こういうのは、
ウェブではフォロー出来ない部分です。

ですが、
私が熱烈に見たい番組もなければ、
芸能人も居ません。

それでも我が家にテレビを置いてある理由は、
家族が見るから、ということと、
【有料チャンネル】なら見る、ということ。

そこらの民放を見るよりも、
よっぽど自分に合った動画を視聴することが可能です。

ちなみ我が家はAmazonプライムビデオ会員です。
(というよりプライム会員)

別売りのファイアTVが必要ではありますけどね。


コチラのファイアTVは、
Amazonプライム会員であれば、
動画をいくらでも豊富なコンテンツで見放題なサービス。
(最新作などは有料作品もあります)

価値ある情報にはお金を払う、たったそれだけのことだと思うんです。

NHKを断固拒否したい方はコチラ!

 

スポンサーリンク

 

NHKの真価を問う為には

上記したように、
現在のNHK、というよりも、
放送法はどうにもズルズルに感じてしまいます。

これを解消するためには、

  1. 支払い義務の明記ならびに、罰則を設定し、
    支払う方向に法整備を行う。
  2. 反対に契約の義務を撤廃し、
    視たい方だけが有料で視聴する、
    有料放送へと切り替える。

このどちらかの方法を取ることによって、
すべての問題はクリアできるでしょう。

前者であれば、
法案を通すために議会は大荒れwwww

「NHKは必要不可欠である」
とするのであれば、
可決されるでしょうし、
「NHKなんぞ要らん」
とするのであれば、
法案は通らないでしょう。

また、
これこそが真の解決への道だと思うのですが、
後者の【視たい人だけ視る方法】

現在の民放各局は、
CMの広告収入頼りで、
有料放送ではありませんよね。

それに対し、
NHKだけは有料放送。

そこまで別格で、
お金を払ってまでみたいTV局なのでしょうか?

冒頭で書いた通り、
「年末は紅白でしょ!」
「おはよう日本みたい・・・」
「朝の連ドラは外せません!」
こんな方々は、
無料か有料か選べるようになっても、
加入契約をすればよいんです。

反対に、
私の様な、
「ほとんどTVみないんだよな」
「NHK?古臭くてイヤ」
「有料チャンネル万歳!」
こんな方々はガッツリとNHK契約から解約されることでしょう。

 

NHK、潰れると困る?

果たしてNHKが潰れたら困るのでしょうか。

「国営放送がなくなっては・・・!」

確かにその声はあるでしょう。

緊急時の放送、
例えば、大災害や戦争突入などの緊急事態。

こういった時には、
非常事態として、
放送網がなくなるのは、
ちょっと恐ろしいことです。

ですが、
それらの役目だけ残す、
要は天気予報やニュース、国会中継や大相撲。

これらの、
まさに【国に関わる情報】のみに焦点を絞れば、
有料放送である必要はないのではないでしょうか。

むしろ天気予報やニュースなども、
緊急時を除いて放送しないとか。

今時は上記した通り、
ウェブでも事足りる情報ですからね。
(というより天気などはウェブの方が便利)

まぁ何を置いても、
NHKの受信料がどこへ流れるかと言えば、
【平均年収1000万超え】のNHK職員の懐に納まるだけなんですからね。

バカらしいと思いませんか?

職員にそんなにアホみたいに給与を与えるのであれば、
その何分の一かをカットして、
実際に契約に回るアルバイトの給料を上げたらどうでしょうか。
※NHK集金はアルバイトで歩合制
※ガラが悪いのや学生だったり、質が高いとはとても言えない
※間違いなく、契約時の問答でトラブルを産んでいる

 

スポンサーリンク

 

まとめ

とにもかくにも、
【NHK受信料契約】と聴くと、
どうにも拒否感が出てしまうワタシw
(払ってますけどね)

今後は法改正を急いでほしいものです。

本格的に『NHKから国民を守る党』を応援するとか、
イラネッチケーを導入するとか、
考えていく必要があるのかも知れません・・・・

※残念ながらイラネッチケー裁判は敗訴結果になってしまいましたがw


イラネッチケー提唱者『立花孝志』まとめ!

関連記事&スポンサーリンク

-生活情報
-, ,

Copyright© 仕事や生活に役立つコミュニケーション能力・方法まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.