仕事関係

職場での孤立が辛い【いじめやパワハラから逃れる方法】まとめ

投稿日:

職場 孤立 いじめ パワハラ

「職場で孤立してしまって辛い・・・」

私も前職の時にパワハラやいじめの類にあったことがあります。

結局、私の場合、
耐えきれずに退職してしまったんですけどね~。

過ぎてしまえば笑い話、
しかし現在進行形でそんな状態にある方にとっては、
非常に笑えない話ですよね・・・

職場で孤立してしまった場合、
一体どうしたら良いのでしょうか。

考えていきましょう。

ということで、
職場での孤立が辛い【いじめやパワハラから逃れる方法】まとめ
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

職場で相談できる人は?

私の場合、
上司複数から的にされていた感じですが、
まだ同僚や一部の上司とは話すことが出来るレベルでした。

「なんだ、相談出来る人いるじゃん」って感じに思えるかもしれませんが、
私自身、
悩みがあっても人に打ち明けられないタイプなんですよね。

悶々とする日々の中、
結局、パワハラのストレスが募りに募って爆発し、
衝動的に「辞めます!」と言っちゃったんです。

転職先?
いいえ、勿論そんなの後先考えておりませんでした(笑)
まだ20代半ば頃で若かったせいもありますね。

こんな行き当たりばったりな感じで退職!というのは、
多くの人には勧められない方法です。

私のように自分の中だけで完結させずに、
誰か仕事の仲間で相談できる人が居れば相談し、
もし職場に誰もいないのであれば、
地元の友人でも知人でも相談してみることが一番です。

私の場合、
鬱屈としたストレスは、
身体的にも精神的にも爆発しませんでしたが、
人によっては不調となって現れたり、
余りに思い詰めて最悪のケースに・・・・

なんてなってしまったらマズいですからね。

まずは誰かに相談!が第一かと思います。

 

スポンサーリンク

 

耐える?辞める?改善を狙う?訴える?

職場でのイジメに対して取る方法として、
いくつかの方法があります。

  1. パワハラに耐える
  2. 耐えかねて辞める(転職)
  3. 環境を改善させる
  4. 訴える

一つずつ見ていきましょう。

パワハラに耐える

いや~、あまり選択したくはない方法ですが、
異動や転勤がある職場であれば、
これはアリな方法ですね。

「あと1年程度我慢すれば・・・・」

嫌な上司が消えるのが先か、
自分が転勤になるのが先か。

我慢してみる方法も一つの手段です。

かくいう私は異動先でうまく行かなかったんですけどね・・・・
(異動前はそこそこ楽しめていました)

耐えかねて辞める(転職)

これ、一つの手段としては非常に有効です。

我慢し過ぎて体や精神を壊してしまう方が最悪ですから。

必要以上のストレスにさらされているようであれば、
新たな職場を探してみることに注力してみた方が、
精神衛生的にも良いことでしょう。

環境を改善させる

よく言われる方法ですけどねぇ。。。
難しくない?

「アナタが卑屈になっているのが悪い」
「アナタからの歩み寄りが足りない」
「苦手な相手と接触しよう!」

アホか。
真剣に悩んでいる身になって言えッッ
それが出来たら悩んでいないんだッッ

『イジメの原因は当人にある』とする論法と近い物を感じますよね。

また私の場合で考えれば、
確かに『仕事に対するやる気や情熱』というものは無くなっておりましたが、
今にして思えば環境によって次第に次第に失っていったように思えますね。

とかなんとか言っても、
もし環境を自分で改善させる力が残っているなら、
頑張ってみても良いでしょう。

・・・たぶん、一番シンドイけど。

訴える

前項に付随する方法のひとつですが、
それこそ徹底抗戦の構えですwwwwww

近頃の世の中はパワハラを始めとした、
『ハラスメント』に非常に敏感です。

メモや日記として証拠を押さえておき、
人事部に相談したり、
人事が相手にならないようなら、
訴訟の準備を進めるのです。

ただ・・・
待遇改善や勝訴を勝ち得たとしても、
そのまま同じ職場に居られるか、
と問われればノーという他ありませんよね。

それで居座ることが出来るほど面の皮が厚ければ、
そもそも職場での孤立によってストレスを感じることもないのではないでしょうか。

あまり現実的な方法ではありませんよね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

職場での孤立、
出来ることならそんな事態に陥ることの無いよう、
日々の業務に当たっていきたいものですね。

関連記事&スポンサーリンク

-仕事関係
-, , ,

Copyright© 仕事や生活に役立つコミュニケーション能力・方法まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.