リンク

スポンサーリンク




生活情報

NHK受信料契約の断り方にはコツがいる?『私が集金人と戦った時の話』

投稿日:

NHK受信料契約 断り方 まとめ

NHK・・・
放送機器などを設置すると、
『受信料契約をしなければならないと放送法で定められている』訳ですが、
出来ることなら断りたいものですよね。

だって・・・
NHK見てないし・・・・・

ということで、
NHK受信料契約の断り方にはコツがいる?『私が集金人と戦った時の話』
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

テレビ、置いてある?

まず大前提として、アナタのお宅にはテレビが設置されていますか?
もし設置されているのであれば、
おとなしく受信料契約をしてNHKにお金を払いましょう。
残念ながら。

一応それが決まり事ですからね。
見なくても、NHKを受信出来る放送機器があるのであれば仕方ありません。

テレビがあろうがなかろうが、本気でNHKのやり方に納得できない!という方は是非、
元NHK職員である『NHKから国民を守る党代表』立花孝志氏を応援しましょう!

NHKの対応についても超絶詳しいので、
NHKとのトラブルについては相談にも応じてくれます。

NHKの断り方!!

「うち、テレビないんですよ」
まさに私がそうでした。

いやいや、ふざけているんではなく、本当に置いていませんでした。
(訪問員が来た当時ね。現在はテレビあります)
だって見なくても事足りるもの、TV。
見るとしてもNHKは見ないしね。

そんな時にやってきたんですよね、NHKの集金人さん。

でも私、予備知識がなかったので、ついつい玄関ドアを開けてしまったんです。。。
だってテレビがないから、という自信があったので・・・・・

でも。。。

ワンセグ機器があるとダメなんて・・・

「テレビないんですよ~」と言った私に返した集金人の言葉は・・・
「スマホは何の機種ですか?」です。

???????
一瞬、質問の意味が分かりませんでした。

どうやらアイフォンなど一部機種にはワンセグが内臓されていないのですが、
android機種などではワンセグ機器が内臓されていまして、
それを確認する為の質問だったようです。

予備知識のない私は(笑)
ついつい普通に答えてしまい、はい、アウト――!!

「ワンセグ見れますね。では受信料払ってください」

・・・完璧に納得のいかなかった私。
だってそうでしょ?
携帯やスマホでワンセグなんか見ないってーの。

あれってそもそも外出先などで見る為のものでしょ?
(外でも見ないけど)
個人宅での受信料契約とは全く関係ないのでは?

 

スポンサーリンク

 

NHK集金人と戦った結果

「いやいや、ちょっと待ってください、納得できません」
「でも決まりですから」

・・・屈したくなかった私はw
【その場で】Google様に問い合わせてみます(笑)

「NHK 断り方」検索、ポチッ。

えー、なになに。
『お帰り下さい』という魔法の言葉を使えば、集金人は帰らざるを得ない?

なんでも、

「帰ってください」と言っているにも関わらず帰らない場合は刑法130条の不退去罪になります。
帰らないと3年以下の懲役または1万円以下の罰金のため、すぐに帰るでしょう。

引用元:http://hikkosi-hack.com/nhk/

だそうです!?

え?
そうなん!?
半信半疑のまま、使ってみます。

「えーっと何々、お帰り下さい・・・?」
「あんたら、これ言われると帰らないといかんの?『お帰り下さい!!』」

結果・・・・!!!

帰ったwwwwwwwwwwwww

マジか・・・!

「テレビがない」と答えた時点で、ノーマルレベルの集金人であれば帰るみたいですが・・・
当家に来たのはちょっとしつこい方だったのかも知れません。
彼らも歩合制ですから必死なのでしょうね。

それに、ドア開けちゃいましたからね(汗)
変な押し問答をするではなく、単純に『帰ってください』という意思表示をすれば良いだけだったんですねぇ。

その他の断り方

NHKというか、押し売りセールス全般に通じる話ですね。
ご紹介します。

自分では判断できない

  • 主人が帰らないと
  • 両親が居ないので
  • この家の者ではないので(!?)

責任転嫁する方法ですね。
ただ、再来訪は免れないですね。
また同じ対応すれば良いんでしょうけどw

いつか諦めるでしょう(笑)

無視する

インターホンのカメラやドアののぞき窓から見て、
見知らぬ人間であったら【断固無視する】こと。

電話対応などでは、オレオレ詐欺の問題などの対応策として、
そもそも『電話に出ないこと』が各自治体/警察などによって奨励されています。
(そうなると電話の存在意義が謎ですが・・・)

それと同じことです。
誰も訪問の予定がないのであれば/知らぬ顔が訪問してきたら、
波風立てずに居留守を使ってしまう、という方法ですね。

テレビがない/見ていない・・・は使えない!?

上記した通り、私の場合、テレビがありませんでした。
無いにも関わらず契約を迫られた訳です。

昨今スマホやタブレットなどを所持しているのは当たり前ですよね。
加えて「PCでテレビが見られないか」とまで質問されました。

私の場合スマホのワンセグが引っ掛かってしまいましたが、
その他機器でも「え?そこ?」ってところから契約を迫ってくるかもしれません。

ですからテレビが実際にあったら余計に契約を迫ってくるハズ。
いくら「NHKなんか見ていない!!」と主張しても、
『受信できる状態にある機器』と認定されてしまえば意味がありません。

テレビの有無、テレビの視聴の有無を理由にするのは、
断り文句としてはあまりうまくない方法かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

うーん・・・
NHKのやり方というよりも放送法の定めが時代遅れ過ぎることが、
様々なトラブルを招いているように思えてなりません。

本気で立花孝志氏を応援して、よりよい放送業界を目指してもらう他ないのでしょうか。

関連記事&スポンサーリンク

-生活情報
-, ,

Copyright© 仕事や生活に役立つコミュニケーション能力・方法まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.