異性との関係

ラインでの返信タイミングが駆け引きのポイントに?『既読機能ってメンドクサイ・・・』

投稿日:

返信 ライン 駆け引き

気になる相手とのLINEのやりとり、面白いですよね~。
とはいえ、まだ付き合っていない状態であれば、それは単に楽しいだけではなく、相手の懐を引き出す為の頭脳戦の様相もみせます。

そのラインでの駆け引きの方法は、どういった方法が効果的なのでしょうか。
確認していきましょう。

ということで、
ラインでの返信タイミングが駆け引きのポイントに?『既読機能ってメンドクサイ・・・』
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

ライン駆け引き注意点まとめ

最近では連絡ツールとしてメールを使うことは減りラインが主流になってきました。

といっても、メールとラインは根っこの部分は同じです。
古くから使われている手法がいくらでも共通します。

LINEとメールで異なる部分は、『既読機能の有無』程度でしょう。
ま、これも大事な部分なんですけどね(笑)

では、代表戦術を考えていきましょう。

・・・の前にLINEの特性である『既読機能について』改めて確認します。

LINEの特性を確認しよう

アナタは相手からラインが来た時、気付いたタイミングですぐに開いて既読にしますか?
私はポップアップで内容を確認してから開封することが多いです。

なぜか?
何個か理由があります。

  • 既読から時間が空くと申し訳ない(既読スルー)
  • 即レスばかりだとヒマ人だと思われる
  • 相手の返信を強制してしまう

・・・こう考えると、なんて面倒くさいツールなんだ、LINEてw

ちなみに、私にとっては、これは好きな相手だけではなく知人・友人でも同じことです。

既読スルーしてしまうと「見ているのに返事が来ない!!」となりかねません。
即レスばかりだと「ずっとスマホいじってんな、コイツ・・・」となりかねません。
相手が即既読/即レス派だった場合、付き合っていると、ずーっとLINEをすることになりかねません。

ある種、駆け引きとも呼べる部分ですが、私にとってはラインをする相手を選ばず同じように使っています。

おまけ『既読をつけずに読む方法』

ちなみに、この既読機能は、上記したようにポップアップ通知で確認することが出来ます。
普通の設定にしてあればオンになっていると思います。
ラインが来ると誰から来たのかメッセージ内容と共に通知をつけずに読むことが可能です。
なんだったら返信もこの画面から出来ますね。

もう一つ既読を付けずに読む方法があります。
それは機内モード。
要は通信がない状態でライン画面を開けば、向こうには既読の通知がいかない訳です。
(解除すればすぐに通知が行きます)

 

スポンサーリンク

 

既読をつけるタイミング

では、この既読を利用した駆け引きとは?

「既読なのに返信が来ない・・・」
「何時間たっても未読のままだ・・・」

・・・結局、どちらにせよ、相手には気になるポイントです。
そういった意味では、既読スルーも未読スルーも『相手に自分を気にさせる』という意味では有効的な方法と言えましょう。

しかし、一番おそろしいのはココではありません。
なにがと言えば『本気で何とも思われていない場合』です。

ただただ友人レベルであり異性として意識していなければ、LINEが返ってこようがこまいが、どうでも良いのです。

「既読ついたけど、返信こねーな、ま、いっか!」
「未読だなー、忙しいんだね」

どうでも良い相手だった場合、この様に思われた上で【アナタとLINEをしていた事実すら忘れてしまう】のです。
駆け引きもクソもありません(笑)

既読をつけるタイミングを気にするのは、まずは相手に少しでも意識されているかどうかが先になります。

返信スピード

返信スピードも駆け引きのひとつに数えられます。
ジャンジャン返信が来れば「ひょっとして脈あり?」みたいに思えますけれど・・・

けれど。
向こうから来る場合には良いですが、自分から送る場合には、あんまり文字での会話が得意でない相手だった場合には苦痛を与えてしまいます。

自分が気になる相手だから「出来るだけ長く会話したい!」と思っても、相手の都合もちゃんと考えないと・・・
『面倒くさい相手』という烙印を押されてしまいかねません。

トーク内容

トーク内容は駆け引き要素があります。
長くやり取りがしたいのであれば質問調にする、一回にやり取りをし過ぎない、などに気を付ければ良いです。

ただ、素直でいいんじゃないですかね。
無駄に引き伸ばしても意味はありませんし、質問攻めにされても疲れてしまいます。

人によっては「了解」としか返さない相手もいますし、かといって会っている時には非常に楽しんでいる場合もあります。
ラインはあくまでサポートツールに過ぎない、ということを肝に銘じておきましょう。

スタンプの有無

正直言いましょう。
クッソどうでも良いポイントです。

どんなスタンプを使おうが『脈の有り無し』や、『相手へ好印象を与える』といった効果は皆無です。
使いたければ使えば良いし、使いたくなければ使わなければ良いです。

これを駆け引きに使おうとか書いてある記事は頭湧いているんじゃないかと思います。

ただ、絵文字のひとつも無いと白黒過ぎますので、笑顔や汗マーク程度は入れてあげても良いかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

駆け引きポイントというよりも、やってはいけない注意点の紹介になってしまいましたね。
相手を不快にさせては駆け引き以前の問題ですから、注意点に気を付けて快適にLINEをしていきましょう!

関連記事&スポンサーリンク

-異性との関係
-, ,

Copyright© 仕事や生活に役立つコミュニケーション能力・方法まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.