生活情報

万引きをやめられない怖ろしい病気【クレプトマニアとは一体?】

投稿日:

万引き やめられない病気 クレプトマニア

万引き、実は『一種の依存症とも言える病気の可能性』があることはご存知ですか?

「万引きをやめたい・・・でも、やめられない。。。」

こういった方々の中には、適切に治療を行えば、改善される方達も含まれているのです。
では、その病気とは一体どういった病気なのでしょうか。

ということで、
万引きをやめられない怖ろしい病気【クレプトマニアとは一体?】
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

もしかしたらその万引は病気かもしれません

この記事をお読みのアナタは『身近な人が万引をやめてくれない』『そもそも自分が万引をやめられない』というお悩みをお持ちかと思います。

もちろん、万引はいけません。今すぐにでも辞めてください。

ただ、万引きの中には、単純な動機だけではなく、病気が潜んでいる可能性もあることを知ってください。
まぁ病気だから仕方ないで済む話ではないのですが・・・
その病気を治さない限り、ずっと万引きをし続けるような人生になってしまいかねません。まずは万引きは病気の可能性があることを認知しましょう。

 

その名は『クレプトマニア』

ではその病気はどういったものかというと『クレプトマニア』というものです。
和訳すると『窃盗症』になります。聞いたことがないという人が多いですよね。

どんなものかというと【自分では万引をやめたいのにやめられない】状態です。
一種の依存症のような物になります。
万引だけが対象ではなく、全ての窃盗に当てはまります。

万引きの目的は一般的な場合『自分の利益が目的』です。
「あれが欲しいから/お金を払いたくないから万引する」という動機が殆どです。

ですが、クレプトマニアにかかってしまった人々はは利益云々ではなく【盗むこと】こそが目的にすり替わってしまうのです。
ですので、食うに困っている方が犯行を行う訳ではなく、割と裕福な人が手を染めてしまう場合も少なくありません。

盗むものは人によってそれぞれですし、エスカレートすれば、普通に考えて盗みにくい物まで盗むようになることも考えられます。(TVとか電子レンジとか、大きい物など)
成功回数を重ねれば重ねるほど、それだけ快感が大きくなってしまい辞められなくなっていきます。

 

スポンサーリンク

 

クレプトマニアにかかりやすい人の特徴とは

このクレプトマニア、常習者には『女性が多い』という特徴があります。
万引をする人に対して抱くイメージは、人によってかなり異なるかと思います。
万引き犯すべてに当てはまる訳ではありませんが、クレプトマニアを発症している場合『女性で金銭的に困っていない人』に多く見られる傾向になります。
確かにTVの特集などでは、お金に困っていなさそうな主婦などが、よく捕まってお店の奥に連れていかれていますよね。

また、クレプトマニアは摂食障害と共に発症される確率が高いことが判明しています。
勿論、【摂食障害=クレプトマニア】としてしまうと語弊がありますが、傾向が高いことは顕著です。その中でも過食嘔吐の人に多く見られます。

ですから万引を無理矢理やめさせようと思っても、原因である『摂食障害』を先に何とかしない限り、再犯してしまう可能性が高くなるのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

万引きをする人は皆が皆、病気という訳ではありません。私利私欲を理由に行ってしまっている方も多数です。
ですが、中には『クレプトマニア』という人がいるということ、その人たちの多くは摂食障害を持っていること、それを治せばクレプトマニアが治る可能性も十分にあるということを知っておいて欲しい事実です。

自分もしくは身近にそういう人がいるという場合は、病院での治療に連れていってあげてください。

関連記事&スポンサーリンク

-生活情報
-, ,

Copyright© 仕事や生活に役立つコミュニケーション能力・方法まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.