リンク

スポンサーリンク




夫婦/家族

ひきこもり主婦とは『勝ち組専業主婦の成れの果ての特徴』

更新日:

ひきこもり主婦 専業主婦

昨今、
ニートや引きこもり問題は深刻化の一途を進んでいますよね。

そんな中、新ジャンルとも言うべき存在が、
新たに誕生してきました。

その名も【引きこもり主婦】

彼女たちの実態は一体どういったモノなのでしょうか。
注目していきたいと思います。

ということで、
ひきこもり主婦とは『勝ち組専業主婦の成れの果ての特徴』
をお送りします。


【勝ち組】“専業主婦”共働きは負け組なのか?

 

スポンサーリンク

 

普通のニート/引きこもりと『引きこもり主婦』の違い

内閣府が調査している若年無業者やひきこもりの推移は、
平成二十五年のデータでは人口に対して約2.2%であり、
その数およそ60万人と推定されています。

参考元:http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h26honpen/b1_04_02.html

しかし、
このデータというのは、あくまで若年性の無業者であり、
その対象は15歳~34歳までの母数となっています。

さらに言うと、
条件付けとして『家事も通学もしていないもの』ということが付け加えられています。

よって、家事はしていますから、
主婦の場合はこれに該当しないんですよね。

ですから引きこもり主婦とは、
政府も数えていない、
まだまだ潜在的な存在であり、
『世間に認知されにくいカテゴリの人たち』ということです。

 

ひきこもり主婦は昔から存在していた?

【引きこもり主婦】というワード自体は新しい言葉ですが、
日本という土壌の上では、その実態は珍しいものではなかったと分析されています。

だって古き日本は、
『男は外へ働きに、女は家庭を守る』といったジェンダーがハッキリと分かれていた社会ですからね。

今でこそ低賃金化や女性の社会進出にともない、
ジェンダーレスが躍進されてきましたが、
それでも欧米各国に比べれば根強い価値観が残っていますよね。

そんな社会ですから、
昔から潜在的に一定層のひきこもり主婦は存在していた、
と見るのが妥当ということですね。

 

ひきこもり主婦の特徴

ではなぜ、専業主婦のみなさんは、
ひきこもり主婦になってしまうのでしょうか。

引きこもり主婦の特徴を確認していきましょう。

 

夫に十分な年収がある

コレは“絶対条件”です。
でなければ『引きこもる』という選択肢は選ぶことが出来ませんからね。

収入が少なければ、
正社員であれパートアルバイトであれ、
“共働き”という引きこもってなどいられない状況になってしまいますからね。

 

友達がいない

『大学や就職の為に上京してきてそのまま結婚してしまった』ともなると、
地元の友達とは疎遠になりがちです。

また結婚を機に仕事を辞めてしまうと同僚などとも必然疎遠に。

さらに新居として、ちょっと遠方に引っ越そうものなら、
その友人関係の希薄さは拍車をかけられてしまいますね。

 

子供がいない

子どもがいる場合には家事/育児の量は格段に増えますし、
幼稚園や保育園の送迎など、必然家から出なくてはならない事態になります。

また子供の養育費がかからないという点でも、
上記した収入に余裕が出る点に関連し、
引きこもり化を助長してしまう一因でもありますね。

または『子育てに手がかからなくなった』ということでも、
似たような状況に陥りやすいです。

 

目標がない

「専業主婦になって家に入ろう!」という女性の目標は、
『高年収の夫を見つけて家庭に入る!』ということ自体が目標ですよね。

実際にその目的を達成してしまった途端、
「あれ?私は何をすれば・・・」と、
人生の目的を見失ってしまうのです。

収入にも不満はないし、働く必要もない。

であれば、
難しい勉強もする必要もなければ、
辛い環境を我慢して働きに出る必要もありません。

やることと言えば、
TVを視ること、
お酒に走ってしまうこと、
お昼寝。

これでは本当にニートと大差ありません。

 

旦那の生活リズムが不規則

夫婦生活ともなれば、
パートナーの生活リズムは非常に重要なウェイトを占めます。

夜勤や連勤が続く、単身赴任が多い、
などとなると、
残された主婦は時間を持て余してしまうのです。

「自分の為だけに料理を頑張るのもなんだし・・・」
「夫が帰ってくるまでダラけてもいいかな・・・」

こういった具合に、
引きこもり度がグングンと上昇していってしまう訳です。

 

スポンサーリンク

 

引きこもり主婦の悩みと優雅な勝ち組専業主婦の実態

引きこもり主婦のブログやYahoo!知恵袋では、
見事に病んでいるひきこもり主婦の様子が見て取れます。

面白おかしく書いてあるブログもあるにはありますが、
目立っているブログはポエム調やエッセイテイストのブログばかり。

女性は共感を求める生き物ですから、
同じような立場の女性が共感し、
楽しめるということでしょう。

・・・・私が彼女たちのブログを読んでも理解に苦しむだけですがw

 

しかし、病んでいない典型的な『勝ち組専業主婦』の話もYahoo!知恵袋に回答があって、
結構ビックリします。

夫の単身赴任が多く、その間は自由です!
早起きし散歩に!
一時間歩いたらストレッチを!
コーヒーブレイク後は家事と料理を!
それが済めばネットサーフィンと映画鑑賞!

Yahoo!知恵袋より抜粋引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14116364494

な、なんて爽やかで自由な・・・w
しかもネットサーフィンは勉強らしいです。。。

まさに誰もがうらやむ生活?

その他の回答にも、

  • ジム通い
  • 料理教室
  • ヨガ
  • カフェで読書
  • ウィンドウショッピング
  • 昼まで寝てから昼ドラ&ドラマの再放送

う、うーん、富裕層?w

今では減少の一途を辿る専業主婦ですが、
そんな中でも専業主婦を続けておられる方の生活は、
やはり優雅なものが多い、ということでしょうか。

専業主婦になりたい!!男性の年収はどれだけ必要?

 

マイノリティとして、
『図書館で勉強しています(料理や栄養学について)』
などという回答もありました。

これは同じ専業主婦でも、
ちょっとストイック目な回答で好感が持てますね!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

結局のところ【専業主婦=ひきこもり】という図式は成り立たなく、
個人の気の持ちようというところでしょうか。

環境が人をそうさせる、
という側面も大いにあるとは思いますが、
ちょっとした心がけで解消できるように思いますね。

 

全く関係ありませんが、最近、馬刺しにハマってしまっておりまして・・・

めっちゃ旨い!オススメサイトをまとめてみました♪

>>>馬刺し通販【超人気サイト】おすすめランキングまとめ!!

関連記事&スポンサーリンク

-夫婦/家族
-, ,

Copyright© 仕事や生活に役立つコミュニケーション能力・方法まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.