コミュニケーション

コミュニケーションとコミニュケーションの違い『正しいのはどっち!?』

投稿日:

コミュニケーション コミニュケーション 違い 正しい

コミュニケーションとコミニュケーション、ついつい言い間違えてしまいますね。
これらは一体どちらが正しいでしょうか。

違いを正したいと思いますよ!!

ということで、
コミュニケーションとコミニュケーションの違い『正しいのはどっち!?』
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

コミュニケーションとコミニュケーションの違い

  • シミュレーションとシュミレーション
  • バドミントンとバトミントン
  • ギプスとギブス
  • etc

ついつい間違えてしまう言葉はたくさん存在しますよね。

これらの間違えやすいワードですが、どうやってその違いを正せば良いのでしょうか。
誤用して誰かに言う前に、恥を忍んで誰かに聞く前に、自分で調べる術はないのでしょうか。

その方法とは!!

『スペルを見ましょう』

えぇ、簡単な話です。
外来語の場合には、スペルを調べれば一目瞭然です。

  • simulation→○シミュレーション
  • badminton→○バドミントン
  • Gips→○ギプス

ですからコミュニケーションの場合は、

  • communication→○コミュニケーション

が正しい表記で発音となります。

ただ、スペルを参照するだけで済ますと間違えてしまう可能性も・・・

 

スポンサーリンク

 

外来語や和製英語などに注意

コミュニケーションは英語でも使われる言葉なので問題ありませんが、外来語や和製英語の場合には、スペルだけチェックして判断することは危険です。

例えば『two』
言わずと知れた数字の2を意味しますが、日本語では『ツー』ですよね。
正しくは『トゥー』

正しい発音をすれば「なんだ、お前、妙に発音いいな!?」となってしまいます(笑)
表記上でも『トゥー』となっていたら、ちょっと違和感ありますよね。

例えば『ホッチキス』
これも『ホチキス』なのか『ホッチキス』なのか、判断に迷うところですが・・・
如何せん和製英語でありますので、正解は無きに等しいです。

スペルは『stapler』で、全然読み方が異なります。

またホチキスは商品名であり、表記は『HOTCHKISS』
ホチキスでもホッチキスでも読めちゃうスペルになっています。

どうしても分からない時の方法

どうしても判断付かない時、どちらが正しいのかを調べる為には・・・!!

『単純に変換してみる』と簡単に分かったりするかもしれません。
PCでは誤用であるコミニュケーションは予測変換も出てきませんし、スペルも出てきません。
正解であるコミュニケーションでタイピングすると、全て打ち終わる前に予測されて出てきます。
正しいスペルも表示されます。

スマホでも同様ですね。
また、検索する際にも誤用の場合だと出てきにくかったり、違いや正しさを調べた記事が表示されやすくなります。

全く便利な世の中になりましたね。いちいち国語辞典を開く必要はなくなりました。
英語以外でも、判断が付かない、例えば『一切合財と一切合切』など、検索をすれば、その用語の成り立ちから解説されているページがすぐに出てきますから。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

少し冗長になりましたが、コミュニケーションとコミニュケーションでは、正しくは【コミュニケーション】であるということです。
話し言葉であれば気付かれにくいことですが、文字として記してしまうと一目瞭然ですので、出来るだけ誤用しないように努めましょう。

関連記事&スポンサーリンク

-コミュニケーション
-, , ,

Copyright© 仕事や生活に役立つコミュニケーション能力・方法まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.