リンク

スポンサーリンク




生活情報

万引は現行犯逮捕以外は厳しい?【防犯カメラからの後日検挙も・・・?】

投稿日:

万引 現行犯逮捕 以外は厳しい 防犯カメラ

万引きは立派な犯罪です。
この犯罪は『現行犯以外は逮捕が厳しい』というように思われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

罪を犯してしまっているのに『逃げ切れば勝ち!』状態なのでしょうか。
見ていきましょう!

ということで、
万引は現行犯逮捕以外は厳しい?【防犯カメラからの後日検挙も・・・?】
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

万引犯が捕まるのは現行犯とは限らない?

万引きをしてしまった方は、「自分はいつか逮捕されてしまうのでは・・・」とドキドキしている人がいると思います。

確かに、後日逮捕の可能性がないとは言えません。万引は現行犯以外でも捕まる可能性はあります。お店の方が被害届を出して、それが受理されて捜査がされれば、捕まる可能性は十分にあります。

 

ただ、防犯カメラがあまり鮮明に見えなかったり、そもそも万引犯がそのあたりに住んでいなくて、そのお店に行ったのも1度きりとなれば、やはり後日逮捕は難しいでしょう。

前科があれば別ですが、例えば『たまたま入ったお店で魔が差してしまい、でも犯行はそれが初めてで』ということであれば、後日逮捕は難しいですね。こんなパターンの場合では、【現行犯逮捕以外は厳しい】と言っても過言ではありません。

 

お店の人が万引に気づいたら

お店の人が偶然万引現場を目撃する可能性ももちろんありますが、そうでない場合の方が多いですよね。となると、後々の在庫チェックで万引きがあった事実に気付くことが多い訳です。

ですが、その時点から「犯人を捕まえよう!」と行動を起こすケースは稀です。だって万引きがいつ起こったのか?正確に把握出来ませんからね・・・面倒だと思ってスルーしてしまう事も多いでしょう。

とはいえ、徹底して事実確認し通報するお店もあります。
そこからどうなるかは、防犯カメラにどのくらい鮮明に万引の様子が映っているかによるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

後日逮捕が考えられる場合

万引と聞くと、『万引』という罪がありそうな気がしてしまいますが、万引は窃盗罪が正式名称です。窃盗罪での逮捕は『現行犯でないといけない』などという決まりはありません。ただ現実問題として証拠が残りにくいことから『現行犯で無いと難しい』という話です。

しかし裏を返せば、証拠さえ揃っていれば後日逮捕される可能性は十分にありえます。その場を乗り切ったから100%大丈夫という訳ではないのです。個人情報が確認され、重傷などが突き止められていれば、何日後か、自宅に警察が来たっておかしくはありません。

 

また『現物がなければ逮捕は出来ないだろう』と油断をしている人もいるかもしれません。
しかし、それは【間違い】です。防犯カメラなどにしっかり犯人が映っていれば、【現物なしでも逮捕される】可能性はあります。転売目的での万引も非常に多いわけですから、現物なし=無罪というようになはりません。

ですが、よっぽどの高額商品や大量の万引きでなければ、そこまでして追ってくる可能性は低いですけどね。もちろん罪を犯してしまったら、自首するに越したことはないのですが、現行犯でなければ逮捕される可能性はかなり低くなるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

やっぱり物理的に考えると、万引きは現行犯逮捕以外は厳しい部分がありますね。
とはいえ、以下の様な方は、【お店からも警察からもチェックされている可能性が高い】です。

  • 再犯しまくり
  • 前科持ち
  • 高額商品狙い
  • 大量盗難

万引きは立派な【窃盗罪】です。
犯してしまった方は、今後は2度と犯さぬよう、注意してください。

関連記事&スポンサーリンク

-生活情報
-, , ,

Copyright© 仕事や生活に役立つコミュニケーション能力・方法まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.